バイク用レーシングブーツペイント #其の二

前回予告しておきました、ブーツペイントのお話です。

早速問題となる画像から。

     puma05

この画像は、まず全体をベース色でペイントし乾燥した後、
色ののり具合はどんなものかと思い、

ブーツを 曲げたり、伸ばしたり、ひねったり
更には、少し塗装が剥がれたついでに表面を ブラシでこすったり

と、やってみた結果です。




こんな事は試さずに、とりあえず丁寧にペイントして仕上げてしまえば、
前回の完成画像と変わらない結果は得られたと思うのですが、

そこはペイントの依頼を受けた時から、
どの程度もつかという不安もあり試してみた事なので、
この結果は仕方ないですね。




このブーツのペイントを依頼された時に感じた点は、

まず、バイク用のブーツなので 革は硬く丈夫 で、
しかも新品のため、まだ シワもなく 表面もツヤツヤ 
した状態なので、
浸透する塗料の 染めQ とはいっても
その効果が十分にあるのか?

その上、プロテクター部分の 軟質なプラスティック や、
ゴム、ファスナー など
革以上に塗装には向かない部分が多くある事。

そして当然ハードな使われ方をする事。




まあ上記の問題を全て解決した上で、完璧に仕上げるというのは、
とても無理な話なので、お客様にはご理解をいただいての作業となりました。

     puma06

上の画像ですぐに分かる、
白く色の剥げてしまった部分(つま先と、スネの内側)は、
ゴム です。

比較的硬めでツルツルした感じのゴムで、
ここは表面を磨いたり密着剤を使用して何度も塗ってみましたが、
剥がれ易さは改善されませんでした。


ブーツを使用した時には、
真っ先に剥がれてしまうでしょう ね・・・・・残念。


ただ、靴底のように比較的柔らかく、
表面のザラザラしたゴムの場合には、
塗料の食い付きが良かったです。



それと足首の前後のジャバラ状の部分は、
伸縮性のあるビニール質の材質で、ゴム程ではありませんが、
強引に伸ばしたりした時には、剥がれ易いです。


その他剥がれてしまった部分は、やはりシワになる部分です。




スネやカカトの軟質プラスティック部分は、
良く色がのって簡単には剥がれませんでした。



色の剥がれ易い部分は、結局数回にわたり
磨いてはもう一度塗るという作業を繰り返した結果
シワの隙間に塗料が入り込む感じで、少しは丈夫になったかと思います。





革の縫い合わせの部分や、ファスナーを開けた裏の部分などは、
塗り残しがあると隙間からチラッと白い部分が見えてしまうので、
曲げたり広げたりしながら隅々まで塗りました。

     puma04

展示品のように飾る物でしたら、ここまでする必要はないのですが、
実際に使用するものですから、出来るだけの事はしてみました。

しかし・・・・・、
剥がれてしまうしょうね・・・・・。



今回のような革製品の場合、ブーツに限らず新品の綺麗な状態の物より
ある程度使用して、シワができ、表面が擦れて少し色褪せした状態になった物の方が、

しっかり色が浸透して、良い仕上がりになるのではないかと感じました。



なが~い 言い訳になってしまったような・・・・・。




スポンサーサイト

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント

No title

凄い苦労があったのですね。
素人ながら新品より使い込んだ品の方が色が染み込み易いだろうなとも思いました。
それにしてもあのメカの部分は何回マスキングを繰り返して塗ったのでしょうか。
細かくて精密過ぎですe-2

No title

初めての作業などの場合には、何かと時間ばかり取られてしまうような事がありますね。
今回のブーツのメカ(シルバー)の部分は、エアーブラシで影を付けただけなので、決して手の込んだ事はしていませんが、ジャバラ状の所のマスキングに手間取ったり、マスキングテープを剥がした時に色が剥がれてしまったりといった事があり、余計な手間が色々とありました。
プロフィール

ビッグハンドペイント

Author:ビッグハンドペイント
 
ビッグハンドペイント は、
東京都あきる野市でヘルメット、バイクなどのカスタムペイントを行っているショップです。

オリジナルデザイン、レプリカ、純正塗装、傷凹み補修、エアーブラシ‥etc.

オリジナルのステッカー製作も行っています。

ブログ では、
ペイントの新作や、モータースポーツ、ツーリングなどの情報を掲載しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター